2008年02月07日

『ここ〜食卓から始まる生教育』

何だろう?と、タイトルに魅かれて読んでみました。

 『ここ〜食卓から始まる生教育』

 「性を大切にしようと思えば、生が大切になります。
 性教育は生教育です。
 生を大切にすれば食が大切になります。
 生きることは食べること、食べることは生きることです。
 「性」と「生」と「食」はつながっていたのです。」

この本の著者は、福岡県在住の、
助産師の内田美智子さんと、大学の農学部教員の佐藤剛史さん。

助産師として、生と死を見つめ、性教育に携わってきた内田さんは、
食卓の力、食べることの大切さを訴えていかなければ、と、
あちこち講演してまわっているそうです。

子どもは、いつか親の手を離れて、
一人で生きていかなければならない。
では、子どもたちの生きる力を育てるのは、何だろうか?

何を食べ、どう食べるか、一緒に食べる人はいるか、
食事の時間が楽しいか・・・
といった経験の積み重ねが、いかに大きいか、
家事をする力を身につけることが、いかに大きいか、
ということを、内田さんは指摘します。

「食べること」は、単に栄養を与えるだけではなく、
あなたは大切なんだよ、という愛を伝える手段でもあること。
そうやって大切にされた子どもは、自分を大切にできること。
十分に愛された子どもは、素敵な大人になれること。
子どもは「育てられたように育つ」ということ。

この本を読んでいて、毎日の「食」の積み重ねって、
すごいことなんだなあ、と思いました。

そういえば、私自身、家事なんてしなくてもいいもの、
とインプットされて育てられたような気がします。
家事なんて、つまらないもの、時間の無駄・・・
そう思っていた時期が長くありました。
それが、ある時期から、
自分が身につけてないものがたくさんあることに気づき、
親から教えられてないなら、他の人からでもいいので、
何とかして学びたい、という気持ちが、だんだん強くなってきました。

生きる力が身についてないことで自信を持てない自分がいて、
それができるようになれば自分に自信を持てる、
ということに気づいたからです。

だから、今、こんな活動してるのかもしれないですね。

今の自分、まだまだ十分じゃないかもしれないけど、
手をかけるべきところに手をかけることを、
省かないようにしていきたいなあ、と思いました。

毎日の子どものご飯、ちゃんと作ろう、って思いました。

広島ブログ
posted by 風和土 at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

食卓の向こう側

前々から気になっていた、小さな本があります。
西日本新聞社の『食卓の向こう側』という
シリーズもののブックレット。

みなさんは、このシリーズ、読んだことありますか?

「食」の実態を知れば知るほど、おかしなことが起こっている。
間違った食生活で、体を壊す若者が、身近なところにたくさんいる・・・
今の日本の「食」の実態を取材し、新聞に連載した内容が、
本になったものです。

まだ一部しか読んでいないので、読んでみようかなあ、と思っていたら、
つい先日、知人が、そのブックレットのマンガ版を貸してくれました。

  『食卓の向こう側』コミック編1

書いたのは、魚戸おさむさんです。

「きっと、いちばん訴えなければならないのは、新聞も本も読まない層。
漫画なら、彼らも読んでくれる」

そういう思いで書いたというマンガだそうで、
さすが、すぐに読めて、とってもわかりやすい。

お菓子が食事代わりで、便秘が当たり前の大学生。
家庭での会話しながらの楽しい食事を、知らない子ども。
噛む力がなくなって、生きる意欲が低下した子ども。

そうそう、食事のときの「噛む」回数というのは、
だんだん減っているそうです。
それで、日本人のあごの形も、変わってきているらしい。

確かに、この本、さらっと読めるけど、
う〜ん・・・これ、本の中だけの話じゃないんだよなあ・・・

自分のまわりにいる子どもや若い人たちを見てても、
これってどうなんだろう?と気になること、確かにあります。
どういう食事をしてるかって、関係あるんじゃないかなあ・・・と。

このシリーズ、読んでみませんか?

広島ブログ
posted by 風和土 at 06:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。