2009年09月30日

「学校長期自然体験活動指導者養成研修会」に行ってきました

IMGP7359.JPG

なんだか長い名前・・・^^:

先週、3泊4日で行われた、そんな研修会に参加、
三瓶青少年交流の家に行ってきました。

2011年から、小学校のカリキュラムに
1週間程度の宿泊を伴う体験活動が入ってくるんだそうです。
(もうすでに、実施している学校もありますね)

でも、それを実行するには、学校の先生だけでは無理なので、
学校外にも協力者を養成しようという、
文部科学省の事業なんだそうです。

といっても、ほんとに、再来年から、実施されるのかしら?
どんなカタチで始まるのかしら?
それをやる学校側としても、課題がいろいろありそう・・・
まだよくわからないところが多いんだけど、
まあ、受けられるものは、受けられるうちに受けとこう!
と思って。

集まった人たちは、年齢も職業もバラバラで、
20代から60代?70代?くらいまで、すべての年代の人がいました。

朝から夜まで、みっちり講義と演習で、
終わったときには、かなり疲れました。
でも、自然の中での遊びを、体験する側になれる時間もあって、
久しぶりに、童心にかえって遊べました。

IMGP7390.JPG IMGP7391.JPG

実際に学校に関われるかどうかは、
まだまだこれからの話だと思うけど、
でも、これから一緒に何かしようと思える人とも出会えたので、
それが一番の収穫でした☆

誰でも受けられる研修なので、
興味ある方は、いかがですか?
文部科学省のこちらのページ
今年度の研修会の予定が出てますよ。

広島ブログ
posted by 風和土 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

上関原発〜今、私たちにできること

上関原発の埋め立て工事は、
9月10日から続いている阻止行動のおかげで、
着工できずにいます。

もう1週間以上になります。

この状態が、いつまで続くのでしょう。
こんな形で工事を進めるのって、果たしてどうなのか?
疑問に感じています。

誰かを犠牲にした上でつくる原子力発電所って、
いったい誰のためのものなんでしょうか?

今、私も、できることをやっていきたいです。

☆これまでの経過や、現地のリアルタイムな情報は、
 こちらをご覧ください。
  ■RadioActive
  ■UrauraNews
  ■祝島島民の会blog
  ■上関原発最新情報

☆離れていても、私たちにできることがあります!
  ■現地に届ける布メッセージ大募集!(RadioActive)
 
☆海の大好きなみなさん!もし現地へ行けるなら、行きませんか!
  ■シーカヤッカーからの呼びかけ(RadioActive)

☆もし現地へ行けるなら・・・明日、抗議集会があるそうです。
  ■9/19に田名埠頭へ来てください(祝島島民の会blog)

☆県や町、中国電力へ、FAXやメールで意見を届ける方法もあります。
 私も、続けています!
  −−−−−−−−−−
  山口県
  ・海の埋め立てに関してはこちら
    土木建築部港湾課
    TEL083-933-3810(管理班、港政班)
    FAX083-933-3829
    メール a18700@pref.yamaguchi.lg.jp

  ・スナメリやカンムリウミスズメなどの
   希少生物についてはこちら
    環境生活部自然保護課
    自然・野生生物保護班
    TEL(083)933-3050
    Fax(083)933-3069
    メール a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

  中国電力
   TEL 082-241-0211
   FAX 082-523-6185
   原発関連メールフォーム

  上関町
   TEL 0820-62-0311
   FAX 0820-62-1600
   メール k_yakuba@d2.dion.ne.jp
  −−−−−−−−−−

1人1人の力はわずかかもしれない。でも、ゼロではないです!
何か感じることがあれば、表現し、伝えていきましょう。

広島ブログ
posted by 風和土 at 13:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

原発ではなく、省エネと自然エネルギーの道を!〜上関原発の問題をめぐって

今、上関の原子力発電所の建設予定地で、
埋め立て工事が始まろうとしています。

9月10日に着工しようとしたとのことですが、
今のところ、現地の抗議行動で、着工できずにいるとのこと。

インターネットやメールなどで、この情報を知って、
ここ数日、とても気になっています。

今まで、私は、この問題に関して、
とくに何かしていたわけでもないのですが、
今回ばかりは、
このまま見過ごすわけにはいかないと思い始めました。

上関の対岸にある祝島の漁師のおじちゃん・おばちゃんたちは
もう28年間も、反対運動をしてきたそうです。
ここでずっと暮らしていく人たちにとって、
美しい環境を守ることは、必死のこと。
9月10日からは、毎日のように、漁船の上から、陸上から、
工事の中止を訴えているそうです。
日々の仕事もあるのに、
そして、60代、70代の高齢の方が多いというのに、
このことだけでも、とても大変なことだと思います。

そのおかげで、工事が進まずにすんでいるのですが、
その映像を見ていると、涙が出そうになります。
(You Tubeで「田名埠頭」で検索すると、たくさんヒットします)

でも、この問題は、祝島や上関だけの問題じゃなく、
私たち自身の問題につながっていると感じました。

私たちは、本当に、これ以上、
原子力発電所が必要なのでしょうか?

今ある電力をうまく使うことや、
自然エネルギーを生かすことを、
もっと本気で考えていくべきではないのでしょうか?

省エネ。
自然エネルギー。

私たちが、その道を選べば、
世の中は、変わってくるはずです。

放射能の危険をおかしてまで、
もうこれ以上、原子力発電所を作る必要はないと思います。
もっとも危険なのは
そこに暮らす人たちや、そこで作業する人たちなのに、
上関に発電所ができてしまえば、
その電力を使うのは、広島の私たちでもあるんですよね。

まだまだ、この問題を知らない人も、多いと思います。
だから、今、上関で起こっていることを、
まずは、多くの人に、知って欲しいと思っています。

そして、小さくても、私にできることをやろうと思います。
署名。
県や国や中国電力などに、
工事の中止をFAXやメールで要望すること。
ブログやメール等で知らせること。
できることは、いろいろあります。

私の周りの何人もの友人・知人たちが、
そうやって、今いるところから、できることをしています。
現地へ抗議に行っている人もいます。
そのことに勇気付けられます。

まずは、知ることからはじめましょう。
そして、何か感じることがあったら、
できることをやりましょう。

■上関原発の最新情報は、こちらで。
   ・上関原発最新情報
   ・UrauraNews
   ・RadioActive

広島ブログ
posted by 風和土 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

広島初!フェアトレードコラボファッションショー

7月12日(日)に、広島市内(パセーラのイベント会場)で行われた
「フェアトレードコラボファッションショー」というのに、
ボランティアのモデルとして、親子で参加してきました。

8つのフェアトレード団体のコラボ企画で、
広島では、こういった企画、初めてのようです。

8つの団体というのは、
 Rafiki(ラフィキ)カフェ・パコHarmony、ほそうで屋、
 kum*kum、Tawara(タワラ)、ナマステインディア、
 熱帯森林保護団体ひろしま、
です。

会いたいと思っていた人たちや、
どこかでつながってる人たち、
これからつながりたいと思っていた人たちと、
改めて出会うことのできた1日でした。
たまには、こういう場に出かけてみるのも、いいですね。

さて、モデル役、20人くらいいましたが、
立ち方、歩き方、ポーズの取り方など、
ちゃ〜んとプロの方から指導があって、
これだけでも、ラッキー☆な経験でした。
みなさん、姿勢1つでとってもきれいに見えるので、
これはいいな!と思いました。

これ、日常生活にも、生かせそうですね^^

↓こんな感じです。
09-07 029 (2).jpg

1224117605_74s.jpg

ナチュラルな感じの、素敵な服が多かったです。

・・・でも、イベント全体の写真を撮るの忘れてました^^;
どなたか、撮ってたら見せてくださいね。

広島ブログ

夏休み子どもクッキング〜ハイヅカ湖畔の森の料理教室〜 参加者募集中
posted by 風和土 at 10:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

デンマークの森のようちえんのおはなし会

先日、Tsubomiさん主催の
デンマークの森のようちえんのおはなし会に参加してきました。

会場は、安佐南区沼田の、「つぼみハウス」と名づけた
自然がいっぱいの場所にある一軒屋。
そこに、大人と子ども合わせると、30人以上集まってたのかな?
お家の中は、人でいっぱいでした!

講師の栗原雄二さん(広島在住)は、
演劇や子どもの文化のお仕事をされている方で、
そのお仕事の中でデンマークと出会い、何度も通われる中で、
デンマークがすばらしい文化を生み出す秘密は
どこにあるのだろうと考えるようになったそうです。
そして、その源が教育にあると考えるようになり、
その中で、森のようちえんの存在を知ったそうです。

デンマークの森のようちえんとは、

・どんな日も、外(森)で過ごす。
 雨でも、雪でも、冬の寒い日でも。
・認可された幼稚園、保育園と同じで、
 選択肢の1つとして、どこの市や町にも1つはある。
 幼稚園の中に「森のようちえん組」がある園もある。
・大人が教えるのでなく、
 子どもが、自分で考えて、自由に遊ぶ場。

ということです。

そういう場が、ちゃんと認可されていて、
保育園・幼稚園の選択肢の1つとして
選べるというのが、すばらしいなあ・・・と思いました。

だけど、それが今のように制度化されるまでには、
やはり長い年月がかかっているということです。
最初は、保育園や幼稚園そのものがほとんどなく、
女性が子どもを預けて働くということ自体が、
難しかったそうです。
また、森で子どもを自由に遊ばせるなんて、
危険だ、とんでもない、という風潮もあったそうです。

それでも、最初は親の願いから始まって、長い時間をかけて、
今のように、制度をつくってきたんだそうです。

また、それは、小学校・中学校へも受け継がれ、
小中学校の中でも、自然体験活動が
カリキュラムの中にちゃんと位置づけられているそうです。

この日の話の中で、印象的だったことば:

・デンマークでは、どんなに小さい子どもも、
 本人が決めるということを最優先している。
 また、決定の場には、子どもも必ず参加する。

・先生の役割は、学びたいという子どもの要求に
 全力で答えること。

・0〜17歳の教育が大事。
 森のようちえんは、その中の3〜6歳の4年間を
 どう生きていくかを考える場。

・子どもの教育が変われば、文化そのものが変わる。


子どものときにしかできない体験を、
子どものときにしっかりとして欲しい・・・
と願っていても、
日本では、選択肢が限られていることが多いなあ、と思います。

制度そのものを変えるには、本当に時間がかかる。

それでも、今おかれている条件や環境の中で、
出来ることもたくさんあるはず。
それを、縁のある人たちと一緒に、
見つけ出して、実際にやっていくこと。

できることは小さなことからでも、
そこに、大きな意味があるように思いました。

思いある人が、少しずつつながって、
今までになかった新しいものを生み出していくような・・・
今、そんな動きを、感じています。

Tsubomiさんのブログ、リンクさせていただきました♪

広島ブログ
posted by 風和土 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

梅仕事

梅のシーズンですね♪

青梅をいただいたので、梅ジュースにしました。
梅1kg+てんさい糖1kgで。
IMGP6529.JPG

明るい色の方が、今朝漬けたもので、
黒くなってる方は、ちょうど1年前に漬けたもの。
(こちらは、黒砂糖で漬けてます)
今が、飲み頃ですよ〜^^
暑い日に、水や炭酸水で割って飲むと、
ほんと、おいしいので、
ついつい飲んでしまいます。

後ろのボールに入ってる黄色い梅は、
これから梅干にします♪

広島ブログ

第3回ロハスなシングルの集いin仙酔島 7月18日 参加者募集中!
posted by 風和土 at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

田植えとどろんこバレー 報告

行ってきました。どろんこバレー♪

なんと、大人だけでも30人近く。
子どもも合わせると40人以上いたのでは?

畑人の森里(はるさーのもり)さん、
イベント初開催ということですが、
この分なら、来年もまた、ってことになりそうですね^^

写真で報告します。

午前中に田んぼ1枚をみんなで手植え。
人数多いので、あっという間でした。
IMGP6450.JPG IMGP6451.JPG

大人が田植えしている間、子どもたちは、すでにどろんこ。
・・・っていうか、田んぼで泳いでました(笑)
IMGP6461.JPG IMGP6466.JPG

おいしいお昼ご飯を用意していただきました。
ごちそうさまでした^^
IMGP6471.JPG

そして、午後からいよいよ、どろんこバレー!
IMGP6476.JPG IMGP6494.JPG

ふんどしチームも登場。
IMGP6480.JPG IMGP6485.JPG

いや〜、楽しかったです。
久々に子どもに返った気分でした。
どろんこって・・・ほんと、楽しいですね^^

それに、こんなふうに、
田んぼに人がたくさん集まってる風景って、
いいな〜、と思いました。

畑人の森里さん、ありがとうございました^^

広島ブログ
posted by 風和土 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

庄兵衛茶房(府中市)へ行ってきました

備後矢野駅でのコンサートの翌日、
丸山祐一郎さんとこやまはるこさんは、府中市でコンサート。
そこへ一緒に行ってきました。

聴いてる人も一緒に演奏に参加するようになるのが
丸山さんの音楽会。
昨日は、観客として、というのもあるけど、
うちの娘(5歳)、コンサートの始まりに
般若心経を唱えるという役回りをもらい、
(幼稚園が仏教系なもので、覚えてるようです・・・)
それもあって、行くことになりました。

会場は、「庄兵衛茶房」という田舎料理のお店。
(府中市緒毛町3443 TEL0847-49-0303 金土日月営業)
天然酵母のおいしいパンも焼いているところ。

ものすごい急な坂を登り、
え?どこにあるの?と思っていると、
登り切ったところに、広い駐車場と民家が現れます。

こんなふうな、広い縁側で食事のできる
素敵なおうちです。
IMGP6398.JPG

オーナーの相原さんによると、
ここで丸山さんのコンサートを主催するのは、
もう3回目なんだそう!
ほんとに、雰囲気ぴったりの場所でした^^

コンサートの様子を、写真で報告しますね。

IMGP6403.JPG IMGP6405.JPG

星野村の平和の火も灯りました。
IMGP6409.JPG IMGP6410.JPG

最後は、全員参加の音楽会です。
IMGP6421.JPG IMGP6423.JPG

庄兵衛茶房さんのおいしいお昼ご飯。ごちそうさまでした^^
IMGP6417.JPG IMGP6418.JPG

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

祇園茶屋(三次市甲奴町小童)

「小童」と書いて、「ひち」と読む、
というのを、何年か前に知ったとき、
こりゃ〜、教えてもらわなかったら、絶対に読めない!
と思ったのですが・・・

「小」と「童」をくっつけたら、「憧」(あこがれ)。
だから、この地区は、「憧れの里」と呼ばれるそうです。

祇園茶屋は、この小童地区にあります。
IMGP6230.JPG

昨夜、この祇園茶屋であった
逆手塾の集まりに行ってきました。

小童の祇園さんの前にある、
かやぶき屋根の小さなカワイイお店です。
IMGP6231.JPG IMGP6232.JPG

もともとは、地域のコミュニティーとして、2003年に開店。
営業日は、金・土の週2日のみ。
地域の女性会のみなさんが交代で運営しているという
なんともアットホームなお店です。

なんと!ここの名物は、水車。
水車で、米搗きができます。
お米を持っていったら、米搗きしてくれるんだそうです。

水車米のおにぎり♪
IMGP6234.JPG

近くを通ったときには、寄ってみませんか?

 祇園茶屋
  三次市甲奴町小童1051-1
  TEL 0847-67-3300

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

仙酔島に行ってきました♪

山の中にいると、たまには海や島に行きたくなります^^

今日は、友人たちと誘い合わせて、仙酔島へ行ってきました。
(ここでイベントを企画しようと思っているので、下見を兼ねて)

仙酔島は、昔、ここを通る船の潮待ちの港として
栄えた島だそうです。
福山市の鞆の浦から、渡船でたったの5分のところにあります。
IMGP6140.JPG IMGP6142.JPG

今の時期は、ちょうど、
江戸時代から伝わる伝統漁法を再現する
「鯛網(たいあみ)」というのをやっています。
IMGP6146.JPG IMGP6157.JPG

ちょっと曇ってて、そんなに暖かくはないのに、
なぜか、子どもたちは海の中へ・・・^^;
IMGP6150.JPG

でも、砂浜で裸足で歩くのは、気持ちよかったですよ^^

山を越えて、裏にある別の砂浜へも行ってみました。
IMGP6158.JPG IMGP6159.JPG

いろんな人から、
ここは、ものすごく気持ちのいい場所だと聞いていたのですが、
ほんとに、そうでした^^

ここにいると、時間を忘れてしまいそうな・・・
そんな気がしました。

またゆっくり来たいと思っています。

広島ブログ

価値組思考・秋井正宏の【すぐに使えるセールストークの作り方講座】5月16日
丸山祐一郎コンサート&水カンリンバ作りワークショップ in備後矢野駅 5月30日
posted by 風和土 at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ハイヅカ湖 田戸岬にて 〜抱きしめて笑湖ハイヅカ プレイベント〜

ここは、ハイヅカ湖・田戸岬。
抱きしめて笑湖ハイヅカ「元気出せ ピクニックコンサート」の会場です。
IMGP6139.JPG

ちょうど1年後の、2010年5月4日に、
ハイヅカ湖の周囲を3万人で手をつないで抱きしめよう、
というプロジェクトが進行しています。
それが、「抱きしめて笑湖ハイヅカ」。

今日は、そのプレイベント。
メインは、ジョニー宜野湾さんのコンサートでした。

1日中、暑いくらいの晴天だったけど、
この場所は、水辺だし、気持ちよかったです^^
たぶん200〜300人くらいは出入りしてたんじゃないかな、
と思います。

こういう場に来ると、
いつも会う人や、久しぶりに会う人、初めての人など、
何かと情報交換できるのが楽しいです♪

さて、来年は、どうなるやら・・・。

広島ブログ

価値組思考・秋井正宏の【すぐに使えるセールストークの作り方講座】5月16日
丸山祐一郎コンサート&水カンリンバ作りワークショップ in備後矢野駅 5月30日
posted by 風和土 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

ふるさと情報ステーション〜備後矢野駅

上下町にある、福塩線の備後矢野駅
一目見ただけで、何だか味のある駅
IMGP6113.JPG IMGP6117.JPG

無人駅ですが、お店があります。
IMGP6055.JPG 2009042411350000.jpg

実は、私も、先月から、時々お手伝いに入っています。

人通りはあまりない場所ですが、
それでも、人や情報の集まる拠点にもなってるようで、
常連の方が何らかの情報を持って集まってきたり、
遠くからわざわざ訪ねて来る方がいらっしゃったりします。

ここ数日は、GWの影響か、
東京や大阪などから、車やバイクで来られる方もいらっしゃいました。

この場所が、どうしたらもっと生きてくるかなあ・・・と、
今、関係の方々と一緒に、作戦を練っています。

みなさんも、近くに来られたら、寄ってみませんか?

5月30日には、ホームでコンサートやりますよ!

広島ブログ

価値組思考・秋井正宏の【すぐに使えるセールストークの作り方講座】5月16日
丸山祐一郎コンサート&水カンリンバ作りワークショップ in備後矢野駅 5月30日
posted by 風和土 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

新しい拠点

3月の終わりに、引越しをしました。

府中市上下町です。

新しい拠点での様子、
これからやってみたいと思っていること、など、
またおいおい、書いていこうと思います。

今日は、庄原の「やまのおみやげやさん」のところで、
玄関用のウエルカムボードを作らせてもらいました。
IMGP5953.JPG

広島ブログ
posted by 風和土 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

みそ、作りました!

昨日の日記に書いたみそ作り。今日が本番でした。
集まったのは、10人、いや10組ほど。
(みんな子ども連れなので、総勢20人以上!)

会場は、ここのお家です。

くどで、大豆を蒸してます。約4時間くらい?
(普通はゆでるんだけど、蒸すと甘くなるそうです)
IMGP5941.JPG

すり鉢やら、みそくり機やら、ミキサーやら・・・
いろんな道具を駆使して、大豆をつぶします。
IMGP5944.JPG IMGP5952.JPG

いろんな大きさのカメがずらり。
IMGP5943.JPG

大豆2kg、米こうじ2kg、塩800gの割合でした。

あっという間でした!

1人でやると、かなりの作業なのに、
みんなでやれば、早いこと早いこと。

昔は、こうやって集まってやってたんでしょうね。
いや、今もやっぱり、地域で集まって味噌を作ってるところが、
あるそうですね。

昨日も書いたとおり、みんな小さい子ども連れ。
大人たちが一生懸命作ってる間、
子どもたちは、庭や別の部屋で遊んでる。

大人の目をちょっと離れた場所にいるけど、
危なくない場所なので、安心していられるのが、
ありがたいです。

とりあえず、出来上がりました。
半年後が楽しみ♪

これ、毎年恒例になるといいな。
(>Yさん、またよろしくね^^)

広島ブログ
posted by 風和土 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

みそ作り

自分で味噌を作りはじめて、もう10年近くかな?
やっぱり、手前味噌が一番おいしいと思うので^^

さて、今年はどうしよう・・・と考えてたら、
ふと、友人Yさんの家に、
くど(かまど)があることを、思い出しました。
IMGP5916.JPG

なんせ、大豆を煮るのは、けっこう大変な作業。
薪で、くどでやれば、いっぺんにすむよね!

「味噌、作らない?」と、Yさんにさっそく電話。
「いいよ〜」と返事が返ってきて、
そのあと、彼女は、友人たちに声をかけたらしく、
なんと、9人で集まって味噌を仕込むことになりました。
一声かければこんなに集まるなんて、Yさん、すごい!

ちなみに、みんな、小さい子ども連れ。
先日、打ち合わせに集まったら、もう、相当にぎやかでした。

でも、大人が話している間、
広いお家の中で、子ども同士で遊んでてくれるので、
安心です^^
ほんと、こういうの見てると、
集まって何かを作るのって、いいな〜と思います。
(子どもをみながら、1人で作るのは、なかなか大変だし^^;)

さて、本場は、明日。
うまく出来ますように。

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

昨日は雪、今日は春?

昨日は雪景色。
今日は、天気もよくて、早春の雰囲気。
梅の花もチラホラ。
IMGP5937.JPG

昨日も書いた「早春の田舎体験ツアー」、2日目でした。

今日のメインのプログラムは、
三和町の「物産館みわ375」にて、草もちづくり体験。
やわらかくておいしい、自慢のお餅だそうで、
ほんとに、ふんわりとやわらかいお餅でした^^
IMGP5933.JPG
↑これ、広島の夢ぷらざでも、よく売れてるそうです。

お昼は、これに、ふきのとうの天ぷら、団子汁、漬物、酢の物、
そして、おいしい地元米のおにぎり。
田舎のお母さんの味を、しっかふるまっていただきました。

物産館で、参加されたみなさんのバスを見送ってから、
あんまり暖かくて気持ちいいので、
しばらく、物産館の裏の川土手で、くつろいでました。
釣りしてる子どももいました。

もう春だな〜。

広島ブログ
posted by 風和土 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

雪景色〜早春の田舎体験ツアー〜

久しぶりの更新です。

季節が逆戻り?ここは、今日は雪の中。
IMGP5918.JPG

↑作木町の、殿敷(とのしき)です。昔の庄屋屋敷。
ここで豆腐づくりをしました。
IMGP5925.JPG

今日・明日と、
やまなみ大学が企画する「早春の田舎体験ツアー」に、
スタッフとして同行しています。

↓これです。
bw-uploadsg2cdiynwx5gbj3sczjnjjsk.jpg

作木〜三和とまわってますが、
それぞれに、おもしろい人やモノがいっぱい。

知ってるようで知らない三次・・・まだまだ奥が深いですね。

で、参加されてる方々も、
それぞれに、いろんな思いをもっていらっしゃるので、
ん〜、この中にいると、いろいろと刺激をもらえてます。

ブログをされてる方も多いようだったので、
私も、ちょっとがんばろうかな〜と思って(笑)
更新してみました^^

明日は、みわ物産館で、草もちづくりをします。

広島ブログ
posted by 風和土 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

2回目の三瓶

この冬2回目。
土日に、三瓶に遊びに行ってきました。

今、こんな感じです。
IMGP5747.JPG

2週間前に行ったときは、
ちょうど雪が降ってる最中で、積雪約1メートルでした。
でも、どうもそれ以来降ってないらしく、
1月に降った雪の名残が、30センチくらい?残ってました。

とはいえ、ぽかぽかといい天気で、
子どもとスキーやソリで遊ぶには、絶好のお天気でした☆

友人の家族を誘って、
今回もまた、三瓶青少年交流の家に宿泊。
ちょうど研修の団体さんでいっぱい。
歩くスキーは人気プログラムのようで、
たくさんの人が挑戦してました。

土曜日は、私たちも、広場で歩くスキー。
夜は、三瓶自然観サヒメル天体観察会に参加。
雲が出てましたが、合間から金星や月を見ることができました。
(天体観察会は、毎週土曜日にやっているそうです)

日曜日は、三瓶自然館サヒメルの雪祭りに参加。

除雪車が除雪した雪が、
サヒメルの玄関前に積み上げられてますが、
それに穴をあけて、かまくらやトンネルを作ったり。
IMGP5771.JPG IMGP5774.JPG

スコップでならして、ソリ場を作ったり。
IMGP5763.JPG

子ども連れの家族が、30人前後いたかな?
大人もけっこう夢中になって、遊びました。

冬の三瓶って、一年で一番お客さんの少ない時期らしいですが、
冬の方がおもしろいかも?
この冬、なぜか三瓶にはまっている私です。

2月28日〜3月1日に、三瓶青少年交流の家
雪ソリ大会というのがあるそうで、
また行く計画を立ててます。
一緒に行きたい人がいたら、いかがですか?
でも、それまで雪があるといいんだけど・・・^^;

広島ブログ
posted by 風和土 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

立春餅つき大会

明日、2月4日は立春。
暦の上では、もう春ですね。

おとといの日曜日、2月1日に、
立春餅つき大会というのに参加してきました。
玄米もちを、臼と杵でつきます。

(>実は、これ、毎年恒例のイベントで、去年も参加してました。)

主催は、マクロビオスクッキングスクール
会場は、三原市高坂町にある「風楽の里」という
マクロビオティックのセミナーハウス。

マクロビオティックの教室に通っている生徒さんが家族で参加したり、
この地域で農薬・化学肥料を使わない農業をしている
高坂有機の会てとてと」という若い人たちのグループもあって、
その人たちも集まってきます。

ここで使った玄米もち米は、
もちろんそのグループの人の栽培したもの。
1週間も水につけて準備していたそうで、
そのおかげか、
玄米なんだけど、やわらかくもちもちに仕上がってました。

赤ちゃんから大人まで、
それこそいろんな年代の人が集まって、
大人が餅つきしたりおしゃべりしてる間、
子どもたちはまわりで遊んでる。

ちょっと昔はよくあったような、そんな光景でした。

ちなみに、写真を撮り忘れてました^^;
餅つき始めると、つく方に参加したい性質なので・・・。

(>友人のしまなみアースガーデンさんの日記に、
写真が載ってます)

人数が多いので、あっという間でした。

餅つき、またやりたいな〜。

広島ブログ
posted by 風和土 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

歩くスキー、やりました

この週末も、雪でしたね雪

この土日、雪の三瓶山へ行ってきました。
車の運転、大丈夫かなあ・・・とドキドキしながら、なんとか到着^^

島根県とはいえ、三瓶は、意外に近いのです。

今回は、三瓶青少年交流の家で開催された、
「第27回島根県歩くスキーフェスティバル」というイベントに参加してきました。

三瓶は、積雪1メートル近く。
絶好のスキー日和・・・と思ったら、吹雪でした^^;
IMGP5658.JPG

歩くスキー。そう、クロスカントリーのスキーを履いて、歩きます。
私も、これまでに何度かやったことがあるけど、
これはおもしろいな、と思っていました。

初心者でも、すぐに歩けるようになるし、
3〜4歳の幼児から、高齢者の方まで、
それこそ、どの年齢の人でも楽しめる。
体全体を使った運動にもなるし、
森の中でもどこでも行くことができます。

さて、私は、たまたまHPで知って参加したのだけど、
ほとんどが、島根県内の人でした。
(県外の人も、もちろんOKだそうです)
参加者は、幼児〜小学生を連れた家族がほとんどでした。

私も、スキーが初めての娘(4歳)を連れて行きました。

三瓶青少年交流の家の歩くスキーのレンタルは、
3〜4歳の幼児から可能なのです。
しかも、レンタル代は無料。
こういうところって、めったにないので、
ありがたいなあ、と思います。

さて、肝心の娘の方は・・・

最初はその気になって歩いてました。
すぐに慣れましたよ。
IMGP5657.JPG

と思ったら、
吹雪が顔に当たるのが嫌、転ぶのが嫌、寒くて嫌・・・^^;
そのうち泣き出して、さっさとリタイア。

というわけで、スキーはほんのちょっとで、
あとで、適当に雪遊びを楽しんでました。

初めての幼児をその気にさせるのは難しい^^;
(>みなさんも、そんなものだよと言われてましたが)
ぼちぼちやるしかないですかね。

小学生たちは、2日目には、かなりの距離を歩いてたみたいです。

それにしても、三瓶青少年交流の家は、
家族やグループでも利用できるし、
宿泊も、食費とシーツ代だけでOKだし、
なんといっても用具のレンタルが無料っていうのが、すごいです!
さすがは、国立ですね。

これを利用しない手はないな、と思いました。

こりずに、また行こうと思ってます。
一緒にやりたい人いたら、いかがですか?

広島ブログ
posted by 風和土 at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。