2010年03月27日

備後矢野駅のロケットストーブ

3月22日に行われた、
ロケットストーブワークショップin備後矢野駅

当日は、参加者、講師、関係者と合わせると
30人近くもの方が集まり、関心の高さに驚きました!

これから自作してみたいと思っている人が多かったのも印象的です。
何でも作ってしまいそうな雰囲気の人も多かったし。

今後の広がりが楽しみです。

さて、当日の様子です。

ロケットストーブの構造を説明する
日本ロケットストーブ普及協会の石岡さん。
IMGP8431.JPG

みなさん、熱心に聞いていましたが、
この段階では、「ロケットストーブって何???」
と思っている人が多かったと思います。

準備するのは、
U字溝(またはレンガ)と、100リットルと200リットルのドラム缶、
そして、長い煙突。

100リットルのドラム缶とU字溝の間に土を入れて、
その上に、200リットル缶をかぶせます。
ここまでの準備が、なかなか大変^^;
IMGP8439.JPG IMGP8435.JPG
IMGP8436.JPG IMGP8441.JPG

ここまでくれば、ようやく、みんなで作業できるようになります。

ドラム缶から煙突にかけて、
土を塗って、ベンチのようにしていきます。

みんなが参加できる楽しい作業です!

IMGP8448.JPG IMGP8450.JPG
IMGP8452.JPG IMGP8453.JPG

1日かけて、ここまで完成しました。
IMGP8459.JPG

おまけですが、今、私が興味あるのはこれ↓
IMGP8437.JPG

調理に使える、小さなロケットストーブです。
参加者の1人の方が作って来られていました。

今度作ってみようと思っています。

広島ブログ
posted by 風和土 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144791692
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。