2010年03月16日

鞆の浦〜ひなまつりと、坂本竜馬

上下もひなまつり開催中ですが・・・
先週、鞆の浦のひなまつりに、初めて行ってきました。
(3月14日まででした)
IMGP8308.JPG

上下の商店街はまっすぐですが、
鞆の浦は、狭い路地が入り組んでいます。
ちょっと迷路みたいでおもしろい。

目の前が海なのが、いいな〜と思います。
IMGP8321.JPG

坂本竜馬の乗っていた船にちなんで、
仙酔島への渡船が、「平成のいろは丸」になってました。
こうやって見ると、なかなか絵になります。
IMGP8313.JPG IMGP8322.JPG

坂本竜馬の率いる海援隊が乗った「いろは丸」が
瀬戸内海で、衝突事故で沈没。
(日本で最初の蒸気船同士の衝突事故)
その後、上陸し、その事故の賠償交渉が行われたのが鞆の浦。

そんな歴史のある街だったんですね。

(今、国民宿舎「仙酔島」で、いろは丸展をやっるので、
行けばよくわかりますよ!)

他にも、朝鮮通信史が行き来をしていたとか・・・
いろいろと、歴史の古い町のようです。

鞆の浦、何度も来てみたくなる町ですね。

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鞆はたぶん40年近く行ってないですね、ヒッソリ行ってみたいような場所ですね。そのままの姿で、いつも、ずっとあって欲しい「わがままな原風景」。鞆に限らず、自分のお気に入りの場所をみつけて、ブームなんかに流されず、自分なりの楽しみ方を見いだす事が必要があると思いますよ。おっさんぽいか?
Posted by kensanjya at 2010年03月17日 20:31
あちこちでひな祭りをしているのですね!
最近知りました。鞆も何かと話題ですよね。一度行ってみたいと思っていました。仙酔島の温泉も気になっています。
迷路のような街とは…、ますます気になる(^^)
Posted by hito at 2010年03月17日 22:32
>kensanjaさん
鞆の浦、秘かに好きな場所の1つなんですよ。
「わがままな原風景」、かもしれませんね(笑)。
狭い道に車が多くて・・・生活するのには、不便もあるのかな?
とは思うけど、架橋は却下になって内心ほっとしています。

ブームが重なってるせいなのか?人が多くて驚きました!
ひっそり行くなら、ブームが去ってからの方がいいかもしれないですね。

>hitoさん
ひなまつり、あちこちでやってるみたいですね!
仙酔島の温泉は、まだ入ったことないけど、海と砂浜がいい感じですよ〜。
今度、行ってみませんか?
Posted by 風和土 at 2010年03月18日 06:37
わぁ〜、福山にこられたんですね♪
ここから鞆の浦近いですよ。
私たちも時々行きますけど、やはり架橋はなくなってよかったです。
あの風景があるからこそ、パワースポットとしての力があるんですよ。
自然破壊は人の心まで破壊されるようでなんだか寂しいですね。
Posted by Aroma RUB at 2010年03月18日 18:19
>Aroma RUBさん
そうなんですよ〜。
鞆の浦、時々行きたくなる場所の1つです。
お近くなんですね!
やはり、あのままの風景であるからこそ、パワースポットであり得るんですね!
また時間見つけて行きたいと思っています♪
Posted by 風和土 at 2010年03月19日 08:46
え〜ね〜温泉行きたいね〜(^^)
Posted by hito at 2010年03月19日 11:33
>hitoさん
温泉、行きたいね!今度、計画しよう♪
ただし、子どもは入れないらしいので、
子守役も一緒に連れていかんといけんかしらね〜。
Posted by 風和土 at 2010年03月19日 12:11
ありゃりゃ子供だめなん!?そおな〜ん。ちょと厳しいね。じゃああっこにしよ(^^)甲奴かどっかの16時からあいとるとこ〜♪
Posted by hito at 2010年03月20日 22:03
>hitoさん
それって、200円で入れるとこのことかな?
Posted by 風和土 at 2010年03月23日 14:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143685783
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。