2009年11月22日

釜山訪問記(4) 〜walk9/韓国巡礼

25日は、釜山大学で、
日本と韓国のアーティストによる交流ライブがありました。

私は、この日の夕方のフェリーで帰る予定だし、
ライブは昼からのスタートなので、
フェリー乗り場に荷物を預けて、
どこかで昼ご飯を食べてから行くことにしました。

「辛くないものありますか?」と聞いたら、
「炒飯が辛くないですよ」とお店の人に言われて、
頼んでみましたが・・・娘曰く、やっぱり辛い、と(笑)。
キムチは入ってないけど、ニンニクたっぷりでしたね。
IMGP7588.JPG

確かに、辛くないものもあるといえばありますが、
食堂で注文するときって、結構、ドキドキします^^;

ライブ会場は、釜山大学の正門のまん前に、
手作りで、2つも大がかりなステージを組んでいました。
こんなの作っちゃうなんて、すごいな!!
IMGP7590.JPG IMGP7593.JPG

2つのステージで、韓国と日本のアーティストが、
それぞれ、交代で演奏しました。

正木高志さんファミリーの歌もありました。
IMGP7589.JPG

このときに、正木さんがステージで話したことが、心に響きました。

「日本が、若者たちの力によって、国民投票で憲法9条を選びとったら
その若者平和のウェーブは韓国の若者たちに及び
韓国と北朝鮮が和解するでしょう。
その日本と韓国の若者たちの力はさらに中国の若者に波及して
中国とインドが和解する。
するとチベットの軍事的な重要性が消えて、
チベット人たちが故郷に帰ることができるようになるでしょう。」

IMGP7599.JPG
walk9のメンバーがステージに上がって、
「アリラン」を歌いました。

まだまだこの場にいたい気持ちでしたが、
フェリーの時間もあるので、ライブの途中で、その場を離れました。

帰りながら、帰ってから、
walk9からもらってきた種が、
だんだん芽を出してくるのでしょうか?
そんな感じがしています。

この小さな種を、大事に育てていきたいと思っています。

広島ブログ
タグ:韓国旅行
posted by 風和土 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133223620
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。