2009年10月02日

上関原発〜田名埠頭へ行ってきました

IMGP7400.JPG IMGP7401.JPG

田名埠頭。
上関原発の埋め立て予定地へ運ぶ
ブイ(浮標)が置いてある場所。
この場所で、それを運ぼうとする中電の作業船を
漁船やシーカヤックが阻止しています。

現地で何が起こっているのかを、この目で見たくて、
今日、知人と乗り合わせて、そこへ行ってきました。
ちなみに、おとなりの県とはいえ、
うちから車で5時間近くかかりますあせあせ(飛び散る汗)

現地に着いたのは、お昼すぎ。
かなりの雨雨が降っていました。
雨なので、いつもは並べられてるという全国からの布メッセージは、
今日は出ていませんでした。

 ◆「全国から寄せられた布メッセージ」は、こちらからぜひ!
 ◆現地に届ける布メッセージ、募集の記事はこちら!

ブルーシートの中には、
祝島のおばちゃんたちや、
地元以外からも阻止行動に来ている人たちがいて、
ちょうどお昼ご飯を食べていました。

陸上には、入れ替わり立ち代わり、見守っている人たちが。

IMGP7404.JPG

海には、中電の作業船がいて、
そして、それを阻止する漁船とシーカヤックの姿が。
中電の方は、しばらくしたら、帰っていきました。
でも、中電側が帰ったあとも、見張りの人たちは
何人か残っていました。

そう、中電が作業の開始や終了を宣言しなくなったので、
いつ作業に来るか予測できないので、
24時間、交代で誰かが見張っているんだそうです。

シーカヤック隊は、交代で泊り込んでいるそうで、
テントが何張りか並んでいました。
こんな雨の日も、大変だろうな・・・。

地元・山口の方がいたので、少し話をしました。

聞いて驚いたのは、山口と広島での報道のされ方の違い。
山口では、毎日マスコミの方が取材に来られていて、
新聞でもTVでも毎日のように取り上げられているそうです。
広島では、ほとんど報道されていません。
(私がとっているローカル新聞でも、ほんの数行程度)

でも、もし原発ができたら、ここで作られる電力って、
広島で使われるはずでは?

山口の人たちが、大変なことになっていると言ってるのに、
広島では、まだまだ知らない人の方が多いような・・・。

しかも、原発って、山口や広島だけの問題じゃないのに・・・。

まずは、今何が起こっているかを知って、そこから考えること。
もっと知らせていかないといけないなあ・・・と思いました。

----------

上関の問題を知れば知るほど、思うのは、
これと似たようなことが、全国各地、海外も含めて、
あちこちで行われてきて
そして、今現在も、起こっているのだけど、
そのことを、自分は全然知らずにいたんだなあ・・・と。
また、何十年も前から、脱原発の運動をしてきた人もいれば、
いくらやっても変わらなくて、あきらめてきた人たちもいるんだろうな。
私なんて、このことについて、つい最近知ったばかりだけど、
今までいかにこういった情報を知らずにきたか・・・
知らないでいたから、問題だと思ってなかったんだろうな。

原発をどう考えるかは、電気を使う私たち自身の問題。
原発を作らないといけないのか、そうでない道を選ぶのか。

今、とても大事なこと。
もっとみんなで考えていかないとなあ・・・と思います。

☆これまでの経過や、現地のリアルタイムな情報は、
 こちらをご覧ください。
  ■RadioActive
  ■UrauraNews
  ■上関原発最新情報

広島ブログ
posted by 風和土 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。