2009年09月16日

原発ではなく、省エネと自然エネルギーの道を!〜上関原発の問題をめぐって

今、上関の原子力発電所の建設予定地で、
埋め立て工事が始まろうとしています。

9月10日に着工しようとしたとのことですが、
今のところ、現地の抗議行動で、着工できずにいるとのこと。

インターネットやメールなどで、この情報を知って、
ここ数日、とても気になっています。

今まで、私は、この問題に関して、
とくに何かしていたわけでもないのですが、
今回ばかりは、
このまま見過ごすわけにはいかないと思い始めました。

上関の対岸にある祝島の漁師のおじちゃん・おばちゃんたちは
もう28年間も、反対運動をしてきたそうです。
ここでずっと暮らしていく人たちにとって、
美しい環境を守ることは、必死のこと。
9月10日からは、毎日のように、漁船の上から、陸上から、
工事の中止を訴えているそうです。
日々の仕事もあるのに、
そして、60代、70代の高齢の方が多いというのに、
このことだけでも、とても大変なことだと思います。

そのおかげで、工事が進まずにすんでいるのですが、
その映像を見ていると、涙が出そうになります。
(You Tubeで「田名埠頭」で検索すると、たくさんヒットします)

でも、この問題は、祝島や上関だけの問題じゃなく、
私たち自身の問題につながっていると感じました。

私たちは、本当に、これ以上、
原子力発電所が必要なのでしょうか?

今ある電力をうまく使うことや、
自然エネルギーを生かすことを、
もっと本気で考えていくべきではないのでしょうか?

省エネ。
自然エネルギー。

私たちが、その道を選べば、
世の中は、変わってくるはずです。

放射能の危険をおかしてまで、
もうこれ以上、原子力発電所を作る必要はないと思います。
もっとも危険なのは
そこに暮らす人たちや、そこで作業する人たちなのに、
上関に発電所ができてしまえば、
その電力を使うのは、広島の私たちでもあるんですよね。

まだまだ、この問題を知らない人も、多いと思います。
だから、今、上関で起こっていることを、
まずは、多くの人に、知って欲しいと思っています。

そして、小さくても、私にできることをやろうと思います。
署名。
県や国や中国電力などに、
工事の中止をFAXやメールで要望すること。
ブログやメール等で知らせること。
できることは、いろいろあります。

私の周りの何人もの友人・知人たちが、
そうやって、今いるところから、できることをしています。
現地へ抗議に行っている人もいます。
そのことに勇気付けられます。

まずは、知ることからはじめましょう。
そして、何か感じることがあったら、
できることをやりましょう。

■上関原発の最新情報は、こちらで。
   ・上関原発最新情報
   ・UrauraNews
   ・RadioActive

広島ブログ


posted by 風和土 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。