2008年12月06日

オシャレなレストランで〜韓国旅行記Vol.9〜

ソウルでの最後の夜は、
料理研究家のチェ・ギョンスクさんのレストランで、
一緒に食事をするということだった。

日本に滞在したこともあるというチェ先生は、
日本料理をモデルにした料理を研究されている、とのこと。

さて、どんなところなんだろう、と期待してついていくと・・・

着いたところは、
FOOD ART DINING, RHANGというレストラン。
IMGP5536.JPG

何だか超オシャレで・・・あれ、雰囲気が違うぞ・・・

チェ先生は、美しくお化粧をして着飾っておられ、
その場に一緒におられる方々も、なんていうか、セレブな雰囲気が・・・

ふと、自分たちのほこりまみれの服装を見て、
あれ?これって、場違い??
こんなところに来てよかったのかしら?
と思ったんですが、来てしまってるんだから、仕方ないですね^^;

というわけで、このときの料理の一部を、写真で紹介します。

IMGP5528.JPG IMGP5531.JPG

IMGP5533.JPG IMGP5535.JPG

目で見ても楽しめるという感じのお料理でした。

土鍋で薬草で炊いたというご飯、いい香りがしておいしかったです。
ご飯をついでしまったあとの鍋に、お湯を注いで、
それもいただくというのが、韓国らしいな〜と思いました。

広島ブログ


posted by 風和土 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。