2008年12月04日

ソウルのスローなお店<2>〜韓国旅行記Vol.7〜

さて、続きです。

■「ナムルを食べる熊」という名前のお店で、お昼ごはん。
 IMGP5511.JPG

 ここも、ホンデ(弘大)という大学街にある。
 若い人たちに、お母さんの料理を食べてもらえるように、
 野菜たっぷりの献立なんだそう。

 IMGP5515.JPG IMGP5514.JPG
 ピピンパプ(韓国の混ぜご飯)に、
 野菜のおかず付き(おかわりOK)。
 辛いものもあるけど、辛くない・やさしい味のものもあった。

 IMGP5517.JPG
 お店の裏には、キムチを漬けるカメと、白菜の山が。

■「お茶の香りを聞く店」
 観光客の多い場所、カンファムン(光化門)にある。
 韓国の伝統的なお茶のお店で、
 キャンドルナイトの一番目の協賛店。
 IMGP5519.JPG IMGP5520.JPG

 IMGP5521.JPG IMGP5522.JPG
 
 右側の写真の赤いお茶は、五味子茶(オミジャチャ)。
 五味子(オミジャ)という木の実から作ってある、
 きれいな色の甘いお茶。 

 いろんな種類のお茶があって、
 メニューを見てるだけても楽しい♪
 韓国のお茶って、こんなにいろいろあるんだ〜、と感激^^

Fairtrade KOREA〜韓国で最初にできたフェアトレードのお店
 IMGP5525.JPG IMGP5524.JPG

広島ブログ


posted by 風和土 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。