2010年12月15日

長野・真木共働学舎 訪問記

CIMG0739.jpg CIMG0746.jpg

12月8〜10日の2泊3日で、
長野県小谷村にある、真木共働学舎を訪ねてきました。

ここは、長野県の北部。
白馬のスキー場の近くです。

かつては、12軒の家があり、
そして、自然環境を守る視点から、
12軒以上は増やさない、というルールを守りながら、
多いときには100人以上が生活していたこともあるという真木集落。

そこへ行くには、徒歩しか手段がありません。
車道はなく、約4キロの急な山道を登らないといけない。

それでも、今から40年近く前まで、
ここに分校もあり、ちゃんと人が生活していたんだそうです!

ところが、分校が廃校になったあたりから、
全員が村を降り、1970年代に、いったん廃村になったそうです。

その頃に、
1973年に設立されて、ふもとで生活していた共働学舎から、
10人ほどの人たちが真木へ上がってきて、生活をはじめたそうです。

もちろん、今も車は入りません。
自給自足しながら、10数人ほどの人たちが、共同生活をしています。

障がいを持った方や、
一般社会といわれるところではなじめなかった方たちが
一緒にいるのですが、
誰がどんな事情があるのか、本人が言わない限り、全くわかりません。

だけど、この場所が特殊なんじゃなくて、
ここが人間本来の姿なのかもしれないよな〜、と、そんなことを思いました。

ここで30年以上暮らしている人たちもいれば、
「田舎で働き隊」で短期滞在の若い子たちもいて・・・
なんともいい感じの雰囲気を醸し出していました。

事情は違っても、みんな、ここの暮らしを選んで来ている、
という点で、共通しているようです。

車が入らない・・・でも、その不便さが、
むしろ、ここの良さだというのを、感じました。

そして、国際ワークキャンプや、子どもたちの合宿、学生の実習など、
交流の受け入れも、積極的にしているそうです。

自給自足・・・ではなくて、「自労自活」だと代表の方は言っていました。
みんなが、必要なだけ働いて、暮らしている、そんな場所。

ふもとに用事があるときは、みんな、荷物を背負って、山道を行き来します。
郵便も新聞も、取りに下りる。
買い物も、週に1回の生協の日に取りに行き、
背負って山を登ってくるそうです。
ごみは、背負って降りる。

かやぶき屋根で、今も吹き替えながら使っているのですが、
そのかやも、真木だけでは足りないので、
ふもとの茅場に取りに下りて、背負って上がるそうです。
(ほんとに、おじいさんは柴刈り・・・の世界ですね)

CIMG0752.jpg CIMG0757.jpg

CIMG0772.jpg CIMG0779.jpg

3日目、山を降りる朝は、雪が20センチほど積もっていました。

誰も踏んでいない新雪の道を降りていくのは、
気持ちがよかったです☆

広島ブログ
ラベル:旅行
posted by 風和土 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。