2010年09月22日

布野町・料理教室(第2回)

9月18日に、布野町での料理教室、
今年度第2回目を行いました。
第1回目は米粉クッキング

今回は、玄米と味噌汁、そして、基本の調味料の話。

塩・しょうゆ・味噌。

まずここで、きちんと作られたものを選びましょう!

ということで、シンプルクッキング。
CIMG0163.jpg

玄米ご飯、味噌汁(たまねぎ、わかめ、豆腐)、
ひじきの煮物、切干大根の煮物、
浅漬け(キャベツ、にんじん、青シソ)
デザートに、オレンジゼリー

使った調味料は、上記3つの調味料+ごま油のみ。

玄米ご飯は、圧力鍋と土鍋で炊き比べ。
CIMG0165.jpg
 左が圧力鍋、右が土鍋で炊いたもの。
 色や粒の様子が、違ってます。(わかるかな?)

基本のシンプル料理は、
食べると身体がほっとするな〜。

地元の方からいただいた、自家製梅干&漬物も、
おいしかったです☆

広島ブログ
posted by 風和土 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/和の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

第6回マクロビオティック勉強会(9月)

9月は、ちょうど折り返し点の、第6回目。
テーマは、豆と海草。

これで、穀物・野菜・豆・海草と、
マクロビオティックの標準食の
基本的な食材がそろいました!

豆といえば
 大豆、黒豆、小豆、ヒヨコ豆、レンズ豆、白いんげん豆、金時豆・・・
 豆腐、高野豆腐、納豆、テンペ、油揚げ、などもそうですね!
海草といえば
 わかめ、のり、あらめ、ひじき、昆布・・・など。

それぞれ、性質も違います。

ふだんよく食べてる豆や海草って、何ですか?

豆・海草って、
意外と忘れがちになる食材でもありますが、
ちょっとずつ、続けて取り入れたいですね!

今回作ったもの↓
CIMG0209.jpg

 小豆かぼちゃ
 レンズ豆と高きびの煮物
 ヒヨコ豆で、漬物丼&マッシュサラダ
 あらめのコトコト煮
 ひじきの白和え
 のりのしょうがペースト

私も、初めて作ったものがありました!

余計なことをしない。待つことが大事。
(ほんとに、鍋にかけてひたすら待つ、というのが多かった!)
・・・今回、学んだことです☆

みなさんからの感想です↓

--------------------------------------

・お豆や海草料理といえば、
 小豆かぼちゃとひじき(あらめ)の煮物しか知りませんでした。
 今日は、ヒヨコ豆のマッシュサラダや、
 レンズ豆と高きびの煮物など、
 調理法や調味料を工夫するだけで、
 びっくりするほどおいしかったです!
 これからは、豆と海草のいろんなバリエーションを
 楽しみたいと思います。

・豆のボリュームに圧倒されました。海草もおいしかったです。
 ヒヨコ豆とかレンズ豆とか、初めて聞く豆でした。
 今年は大豆をいくらか作っているので、
 豆腐など、豆料理に挑戦します。

・材料の持つ本来のうまみを出すということが
 料理の味に大きく関わるということを改めて感じました。
 とにかく作るということに気持ちが向かいがちですが、
 もう少し細やかにやさしく料理を作ることを意識したいと思います。

--------------------------------------

広島ブログ
posted by 風和土 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/和の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

宝地図を作りました

今日、「宝地図」を作りました。
女性6人(うち、子ども1人)、うちの家に集まって。

 ☆宝地図について、詳しくは、こちらのサイトへ

夢や目標を、写真やイラストや文字にして、
コルクボードに貼る、というとってもクリエイティブな作業。

これはぜひ作りたい!と思って1人で作りかけてたものの、
途中で止まってました^^;
でも、今回みたいに、人と一緒に作ると、
なぜかどんどん作れるのが不思議・・・でした。
けっこういいのができたと、自分なりには満足です!

っていうか、好きな写真ばかり貼ってるので、
出来たのを眺めてみると、なんとなくワクワクします。

製作途中。
CIMG0199.jpg

完成☆
CIMG0204.jpg

お昼に集まったのに、あっという間に夜の7時!
時間を忘れて、ということばがぴったりでした。

メンバーの1人に、写真を撮るのが趣味な人がいて、
みんなの一番いい瞬間を写真に撮るよ、と言ってくれて、
1人1人の写真を撮ってくれました。
1枚のベストショットを選ぶために、何十枚も撮るんですね。
その中に、すごくいいのがあったりすると、嬉しい!
まるでモデルさんになった気分です。

もちろん、その写真を、宝地図の真ん中に貼らせてもらいました☆

秋の味覚のお昼ごはん。サンマは七輪で焼きました。
もちろん、ティータイムも、忘れずに。
CIMG0196.jpg CIMG0197.jpg

広島ブログ
posted by 風和土 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

稲刈りの応援2日目〜庄原市の豪雨、その後〜

CIMG0185.jpg CIMG0188.jpg

昨日の稲刈りの応援が、今朝の新聞で紹介されました

今日は、それを見て来られた方も、いらっしゃったようです。

ということで、昨日に続いて2日目☆

私も、午後からちょっと行ってきました。

今日は人数も増え、延べ20人近くだったようです。

6反の田んぼ、必要なところはほぼ刈り終えました☆
CIMG0191.jpg

いや〜、なんか、達成感ありました!

手刈りは、ほんと、人数多ければ多いほどいいですね!
それに、人数多いと、勢いがつくというか、
やる気になるから、不思議なもんです。
それに、こういうときに集まってくる人たちって、
なんか、いい感じですね。

それにしても、年配の方たち(60代以上?)の手際の良さには、
見てて関心しました。
わらの使い方1つとっても、サマになってる。
機械化の前〜機械化後、と、
農業の変遷を、経験してきた世代?
だから、もし機械が使えなくても、
からだで覚えてるから、何とかなる!という感じがしました。

広島ブログ
posted by 風和土 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 農/縁農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

稲刈りの応援〜庄原市の豪雨、その後〜

7月半ばに豪雨で被害のあった、庄原市の川北地区。
知り合いも近くに住んでいるし、
その後どうなったのか、気になっていました。

そしたら、これから稲刈りするという時期に、
田んぼに木が流れ込んでコンバインが入らないからと、
全部手刈りしないといけないところがあるらしい!!

という話を友人から聞いて、
今日、ちょこっとだけ、応援に行ってみました。

機械が入らないくらいの被害って、どんなの??
・・・と思って行ったら、見てびっくり!
木が流れ込んで、ぐちゃぐちゃになっていました。
http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=163064402&finished_from_regist=1&finished=1

なのに、その中でも、稲はちゃんと育ってる!
CIMG0181.jpg

持ち主の方、まだこれからが大変だろうなあ・・・。
でも、こちらは、
手で刈ってる間は、何も考えずにひたすら作業してたし、
人と一緒に作業する時間というのは、実はけっこう楽しかったです。
CIMG0179.jpg CIMG0182.jpg

機械が入らないので、家の方は、
もう今年はあきらめようかと思っていた、と言っていました。

実際、被害のひどかったところでは、
今年は稲刈りをあきらめてしまったところもあると聞きました。

さて、こちらの田んぼ、明日も続きをやるそうで、
明日はもっと応援隊の人数も増えるらしいです。

またちょこっとのぞいてみようかな?と思っています。

広島ブログ
posted by 風和土 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 農/縁農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

「皮むき間伐」を体験しました

9月8日、三原で、オーガニック生活学校の
「皮むき間伐」のワークショップに参加してきました。
会場は、有機農業を営んでいるパンプトン農場さん。

簡単にできる間伐方法、と聞いたことがあったのですが、
実際に見たことはなかったので、
いい機会なので行ってみることにしました!

今回、皮むき間伐を教えてくださったのは、
7 Genaration Walkのみなさん。
10月に名古屋で開かれるCOP10(生物多様性世界会議)に向けて、
8月末に山口県上関を出発し、10月の名古屋到着目指して
歩いている途中で、ここに寄ってくださいました。
7世代先の未来の子どもたちのことを考えて、
また、7世代前のご先祖様の営みに感謝して、
そして今を生きる、ということで、この名前がついているそうです。

さて、最初に、なぜ「皮むき間伐」なのか、のお話を聞きました。

日本の森林率は、約7割。
そのうち、人工林が約7割。
そのうち、手入れ(間伐)が必要な人工林は7割。
…ってことは、国土の40%弱が、間伐が必要!?

間伐をしないと、木は材木として使える木に育たないし、
土地がやせて、土砂が流出しやすくなり、土砂崩れの危険性がある。
・・・要するに、ほっておくと大変なことになる。

こんなに面積が多ければ、
林業のプロだけの力では、とても間に合わない。
ということは、プロ以外のみんなの協力が必要!

で、素人でも、子どもでも、安全で楽しくできる方法、
皮むき間伐の登場、ということだそうです。

というわけで、さっそく開始☆

CIMG0109.jpg CIMG0110.jpg

のこぎりで、ヒノキの皮に切れ込みを入れ、
ヘラのようなもので皮をむきます。
CIMG0115.jpg CIMG0122.jpg

これだけなので、子どもでもとっても簡単!
CIMG0124.jpg

みんなでわいわい言いながらの作業はあっという間で、
約30人ほどで、約70本の木の皮をむきました。
CIMG0125.jpg

このまま1年ほどおくと、適度に乾燥されて軽くなり、
簡単に出せるようになるそうです。

この場所、1年後がどうなってるか・・・ぜひ見てみたいものです!

これ、他の場所でも、やってみたいなあ・・・。

----------

みんなで持ち寄りのお昼ご飯、おいしかったです。
CIMG0111.jpg

間伐のあとのお楽しみ。近くの池で泳ぎました。
CIMG0126.jpg

広島ブログ
posted by 風和土 at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

草刈り応援隊と農家民泊(木次町湯村)

9月4日(土)〜5日(日)に、島根県雲南市木次町湯村にて、
「草刈り応援隊と農家民泊」の第2回目がありました。

草刈りは初めてという若い人から、経験ある年配の方まで、
男女合わせて7人の個性的なメンバーがそろいました。
(「草刈り」と聞いて集まる人というのは、だいたいユニークですね^^)

4日(土)午後。3軒のお宅に分かれて、草刈り開始。

私たちのチームは、田んぼのあぜを刈ることになりました。

まずは、草刈機の使い方から。
プロ仕様(?)の機械は、馬力があるのに軽く、使いやすかったです!
CIMG0075.jpg CIMG0090.jpg

いざ、田んぼへ。並んでみると、なかなか絵になります。
刈り始めると、それぞれ自分の世界に浸っています。
CIMG0078.jpg CIMG0081.jpg

いつもながら、この日も暑かったですが・・・
少し夕立が来たおかげで、涼しい風が吹いてきました。

まわりで作業してる人がいると、なぜかやる気になるし、
一緒に作業をしたあとは、なぜか話もはずむので、楽しいです。

私も、ふだん、家の周りの草刈りをしますが、
1人でやるときとは、気分違うものですね(笑)。
一緒に作業する人がいるというのは、いいなあ〜と思います。

いい汗をかいたあとは、湯村温泉へ。
川遊びと川の中の温泉がおもしろくてはまってしまい、
屋内の温泉に行くのを忘れてました(笑)。
CIMG0084.jpg CIMG0086.jpg
 ↑1枚目の写真は、左側が温泉(あったかい)、右側が川(冷たい)。

この日は、4軒のお宅に分かれて、農家民泊。
私たちの泊まったところは、とっても気さくなお宅で、
あったかいおもてなしに、感動!!
お世話になりました☆

翌日、それぞれ泊まったお宅で、朝から一仕事して、
11時に集合、そして解散。

そのあと、みんなで、そばを食べに行きました。

民泊先の方にすすめられた、奥出雲町横田の「八川そば」へ。
CIMG0092.jpg

日曜のお昼時だけあって、30分ほど待ちましたが、
本格的でおいしいそばでした。
そば湯も濃くておいしい!
釜揚げそば、ボリュームもたっぷりで、おなかいっぱいになりました。

一緒に草刈りしたメンバーは、すっかりいい仲間という感じ。
みなさん、お世話になりました☆

-----

帰りに、ちょっぴり寄り道。

ちょうど奥出雲で開かれていたブックカフェ
のんびり・まったりできそうな素敵な空間。古本もゲットしました♪
CIMG0097.jpg

子どものリクエストにより、「奥出雲わくわくプール」へ。
温泉水を利用して作られた子ども向けプール。
小さな子どもたちにとっては、自由に遊べてちょうどいい感じ。
暑いからか、けっこう人が来てました。
CIMG0048.jpg CIMG0046.jpg

広島ブログ
posted by 風和土 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

種採り

ズッキーニとキュウリの、種を採ってみました。

実は、食べる時のより、3〜4倍大きくなってます。

半分に割って、種を出す。
ズッキーニは、かなり固いので、切るのが大変!
CIMG0008.jpg

そして、ビニール袋に入れる。
CIMG0009.jpg

このあと、袋ごと、日の当たるところに2〜3日置きます。
CIMG0010.jpg

こうすると、種のぬめりが取れるらしい。

このあと、洗って、種を取り出し、乾燥させます。

というのを、
月刊たくさんのふしぎ『種採り物語』
という本で知りました。
(この本、種採りのことがよくわかるので、重宝してます!)

自分で採った種でまた野菜が作れるのって、楽しみですね♪

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農/縁農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』広島上映会 9月5日

もうあさってですが・・・
私の友人たちが企画している映画の上映会の案内です。

『ミツバチの羽音と地球の回転』

私たちの生活になくてはならない電気。
その便利さと引き換えに、何が起こっているのか?
これから、日本、そして世界のエネルギー政策は、
どこへ向かうのか?

約40年前から原子力発電所を推進している日本と、
持続可能な地域自立型のエネルギーに転換を始めたスウェーデン。

私たちは、未来へ向けて、どんなエネルギーを選択するのか?

いろんなことを考えさせられる映画です。

おススメなので、よかったらぜひ、足を運んでみてください☆

【昼の部】
-----------------------

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会 @ 広島市留学生会館

日時:2010年9月5日(日)

会場:広島市留学生会館 2階ホール (広島市南区)

タイムテーブル:
10:30 「ミツバチの羽音と地球の回転」上映
12:50  鎌仲ひとみ監督 トークショー
14:00 「ミツバチの羽音と地球の回転」

上映 料金:前売券1300円  当日券1500円

※中学生以下は入場無料
※留学生、外国人の方は当初、入場無料と記載してありましたが有料となります。 申し訳ございません。
※鎌仲監督のトークは12:50〜の1回のみです


-----------------------

【夜の部】
-----------------------

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会 @ 音楽喫茶 ヲルガン座

日時:2010年9月5日(日) 18:30開場 19:00開演

会場:音楽喫茶 ヲルガン座 (広島市中区)
    
料金:1500円+1オーダー(前売り券なし、当日券のみ)

ゲストトーク:鎌仲ひとみ監督/青原さとしさん(映像作家)
       (トーク開始 21:30〜予定)

-----------------------

主催:「ミツバチの羽音と地球の回転」自主上映会広島実行委員会「チームミツバチ」
問い合わせ: TEL 082-293-1264(広島映画センター)
Mail okihideo(@)hotmail.com(沖横田)
    ※(@)を@に変えてください。

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

子どもクッキング〜おやつづくり〜

8月24日(火)、上下公民館での子どもクッキング教室。

今回は「おやつづくり」でした。

白砂糖や卵・乳製品などを使わないで作る
からだにやさしいおやつ、というのがテーマ。

今回のメニューは、

 米粉蒸しパン
 米粉ケーキ
 豆腐ヨーグルト(豆腐+甘酒)
 みかんゼリー(みかんジュース+葛・寒天のみ)
 ライスプディング(玄米ご飯をりんごジュースで煮る)

201008241423000.jpg 201008241438000.jpg

ちょっとした材料で作れる、カンタンなものばかり。

こういう素朴なの、子どもたち、食べてくれるかなあ・・・
と、ちょっとドキドキでした(笑)

でも、意外によく食べてくれたので、ちょっと安心^^

ただし、豆腐ヨーグルト(豆腐+甘酒で作る)は、
甘酒の味が苦手な子もいました。
甘酒って、ふだん、あんまりなじみがないのかもね?

次のときは、考えよう・・・。

次回の子どもクッキングは12月(日時は未定)。
パーティーメニューの予定です。

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理/和の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

親子古民家合宿

夏休みも終わりに近づいた8月25〜27日に、
親子古民家合宿をしました。

場所は、昨年と同様、東城町塩原の「たまりやの郷」。
去年は1泊2日でしたが、今年は2泊3日。

大人5人に、子どもは0歳から小学3年生まで13人。
中には、親から離れて子どもだけでお泊りした
小学生たちもいました。

それにしても・・・これだけ子どもがいると、
もう、集まったときから、すごいエネルギー。
最初から、みんなハイテンションで
遊ぶのに一生懸命、という感じでした(笑)。

「ご飯のお手伝いする人?」「はーい!!」
とはりきって来てくれるのは、なぜか小さい子どもたちばかり。
P1010003.JPG P1010005.JPG

手伝ってくれるだろう…と期待した小学生たちは、
遊ぶのに忙しい様子(笑)
P1010032.JPG P1010009.JPG

この小学生たち、遊びのリードは、たいしたもんです。
2日目には、おばけ屋敷の「企画会議」まで始め、
夜には、古民家が「おばけ屋敷」に変身したのでした。

だけど、いざというときには、頼りになります。
小学生の男の子2人、
かまどでご飯炊き、風呂焚き、そして、薪割りまで、
ぜ〜んぶ、最初から最後までやってくれました。
P1010012.JPG P1010018.JPG

2日目には、楽しみにしていた川遊び。
地元のおじさんに連れて行ってもらう予定が、
急きょ、お仕事で来られなくなったので、
自分たちで行ってみましたが、
川へ行く道が、やぶになってました!!
鎌で草を刈りながら、なんとか降りることはできましたが・・・
ふだん、川で遊ぶ人なんていないのかなあ〜^^;

小さい子どもたちは、ビニールプールでも満足のようです^^
外は暑いのに、井戸水なので、結構冷たい!

P1010021.JPG P1010034.JPG

3日目には、先生に来ていただいて、
からだほぐしの体操を教えていただきました。
カンタンだけど、気持ちがいい!
ふだんすぐに取り入れられそうなものばかりでした。

そんなこんなで、あっというまの3日間。

細かく予定や役割を決めなくても、
それなりにうまくすすんでいく感じが、いいなあ、と思いました。

ご飯は、野菜オンリーの献立だけど、みんなよく食べました☆
今食べたばかりなのに「おなかすいた〜」なんていう子もいたり(笑)

P1010010.JPG P1010024.JPG

P1010039.JPG P1010002.JPG

ふだんから野菜中心の食生活してる人ばかりだったので、
食事の準備も片付けも、わりと楽でしたね^^

去年・今年と参加した人もいて、
1年で子どもたちがずいぶん大きくなってるのにびっくり!でした。

また今度会うときは、もっと大きくなってるんだろうな〜。

たまりやの郷を管理されてる方からも、
「夏だけでなくて、また使ってね!」と言われています。
ふだん空いてることが多いので、時々は人が入る方が、
風が通るし、掃除もできるし、家にとってもいいですよね。

また計画したいな、と思っています。

広島ブログ
posted by 風和土 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。