2010年05月19日

第2回マクロビオティック勉強会(5月)

第2回目は、5月18日でした。

テーマは、「玄米と味噌汁」

毎日のことで、単純なようで、
実は奥が深いこのテーマ。

「一杯のお味噌汁で、いろんなことが見えてくる」

と、DVDの中でも語られていますが、
う〜ん、お味噌汁をおいしく作ることって、
簡単そうで、実は難しいです^^;

「ごはん」もそう。
日本語で「ごはん」といえば食事のことを指すくらい、
大切なもの。主食ですものね。
とにかく「ごはん」さえおいしければ、
食事はおいしくいただけますよね!
とくに玄米は、炊き方で、ずいぶん変わってくるようです。

ということで、この日の調理実習は、玄米の炊き比べ。
圧力鍋、土鍋、炊飯器で。
どれも味や食感が違ってたし、
どれを一番おいしいと感じるかも、人それぞれでした!

ご飯は、炊き方のバリエーションもありますが、
穀物にもいろんな種類があって、
いろいろ混ぜてみると、違った表情が楽しめそうです。

味噌汁の作り方にも、いろんなバリエーションがあるので、
何をどう組み合わせて作るかで、全然違ってきます。

IMGP8788.JPG
↑<この日のメニュー>
  丸麦入り玄米ご飯(3種類の炊き方)
  セロリと板麩の味噌汁
  ベジミートのから揚げ、玉ねぎの丸ごと煮
  青菜の蒸し煮(ごまあえ)、豆腐ヨーグルト

暑い時期など、玄米が重たいな…と思うとき、
麦を入れると、軽めに仕上がるので、食べやすいですよ。

不思議なことに、この日、帰ってから夜のご飯、
久々にうまく炊けました。
子どもが3杯もおかわりしたのを見てびっくり!!
何が違うのかしら・・・???
心を込めて作ると、やっぱり違う??

大事なのは、続けること、ですね^^

 ----------------------
 <みなさんの感想から>

・味付けをシンプルにすることで、
 素材の味がしっかり引き出せることを再認識。
 お米の炊き方1つで、同じお米の味わいが
 変わることも学べました。
 毎回、少しずつ食についての見方が広がるので、
 参加することが楽しみです。

・玄米を食べることで思考が整理できると思う。
 DVDの最後で言われていた
 「迷いがあるときに玄米を静かに炊くことで見えてくる」
 というのが、「やっぱり!」って感じでした。
 お味噌汁も、朝気持ちよくスタートするのに大切だと思います。

・味覚で、というより体が喜ぶ、体が安心する
 という感じがすごくして、満たされる感じでした。
 日本の主食・お米(玄米)がこんなにすごいなんて、
 知りませんでした。
 ----------------------

次回は、6月15日(火)です。

広島ブログ


posted by 風和土 at 14:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 料理/和の食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。