2010年04月04日

祝島のひじき(5)

ひじき、わかめ、ふのり、寒干大根、びわ茶、
みかん、だいだい、さつまいも・・・
たくさんのおいしいおみやげで、荷物はいっぱいに。

夕方5時のフェリーで島を出発。

15分くらいで、四代の港に到着。
原発予定地はこの近くのはず、行ってみよう、
ということになった。

山の中の道を奥へ奥へ・・・
途中、警備員さんの車と何台もすれ違い、
こんな山奥なのに、どこか物々しい雰囲気。

車道の終点に車を置いて、この看板の方向へ歩く。
IMGP8559.JPG

原発予定地が見渡せる場所に、
原発反対の人たちが見張りをしている
団結小屋が建っている。
ソーラー発電のログハウスだ。

昨日島で出会った、虹のカヤック隊の人もいた。
交代で、誰かがここにいるそうだ。

「ここは、誰が訪ねて来てくれてもOKなんですよ。
いろんな人に、ここの様子を見て欲しいと思っているので」

そこから見渡せる、原発予定地。
対岸に、祝島がきれいに見える。
IMGP8558.JPG

今は、こんなふうに、何とも平和で穏やかなんだけどなあ。

自然とともにある生活や、
いい感じでの外の人との交流が、
いつまでも続いて欲しいなあ・・・と思いつつ。

さて、祝島、また行きたいと思っている。
来年のひじきのシーズンか?
または、びわの収穫やびわ茶の時期なども、
お手伝いしながら滞在、というのは可能だとのこと。

一緒に行ってみたい人がいたら、
ぜひ、一緒に行きませんか?

広島ブログ
posted by 風和土 at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。