2010年03月31日

祝島のひじき(1)

IMGP8556.JPG

29〜30日と、山口県上関町の祝島(いわいしま)に行ってきました。

祝島
ご存知の方も多いと思いますが、
上関原発の建設予定地が、島の対岸4キロという目の前にあり、
島の9割以上の人が、20数年前から建設に反対し続けている、
というところ。

そのことで名前を知っていたのですが、
ここを訪ねた人たちは、とにかく美しい島だというので、
機会あれば一度行ってみたいな〜と思っていました。

さて、そんな祝島、
ただ今、ひじきの生産真っ最中。
(1月頃から4月頃までが収穫の時期だそうです)

祝島のひじきはおいしい、という話を聞いていたので、
友人知人に声をかけて、まとめて注文しようと、
先月くらいに、祝島市場に電話をしました。

そのときに、
全国からたくさんの予約注文をいただいているのに
生産の方が追いつかない、という話を聞いたのです。

生産者の高齢化と人手不足、悪天候が続いていること、
また、目の前の原発問題などごたごたしていることもあって、
出荷できる量が少なくなっている、とのこと。

「常連さんの中には、
作業を手伝いに行くから分けてください、という人もいるんですよ」

「え?行ってもいいんですか?」

「ええ、作業できるかどうかは天候次第ですが、
島に遊びに来るつもりでよければ、来られてもいいですよ」

「それじゃあ、行きます!」

ということで話はまとまりました。

そう、これまで、ひじき刈りなんてやったこともなければ、
海にあるひじきを見たこともない。
(っていうか、どれがひじきなのか、よくわからない^^;)
これはぜひ行かなきゃ!と思いました。

友人知人に声をかけて、
集まったのは、大人5人、子ども1人。
都合を合わせて、29〜30日に行くことにしたら、
なんと、ラッキーなことに、
30日は大潮で、絶好のひじき刈り日和だという。

そんなわけで、いざ、祝島へ☆

この続きは、また明日。

IMGP8511.JPG

広島ブログ
posted by 風和土 at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。